窓からのぞく

補償範囲

犬とパソコンを見る

犬は人間と違って健康保険で医療費負担を減らすことができず、犬保険に加入していなければ医療費全額負担になってしまいます。
検査や入院、注射などが組み合わさると医療費が高額になってしまうので、病気や怪我治療のために満足な治療が行えず手遅れになる場合があります。
ペットの病気は時間の経過とともに今後の寿命にも大きく関係してしまいます。
そのため元気なうちに犬保険に加入しておくことで、費用負担を減らすことができるので費用面で不安を抱えることもありません。
補償範囲は犬保険によっても異なりますが、基本的には治療のための処置や薬などの費用、入院費用、手術費用などの自己負担額を抑えることができます。
犬保険は手続きをしてから一ヶ月後に補償が開始されます。
契約開始から一ヶ月が経つと契約満了になりますが、手続きをすることによって保険の契約を継続させることができます。

補償範囲は状況によって対応できないこともあり、例えばペットが相手に怪我をさせたときなどは犬保険で賄うことはできません。
またワクチン接種や妊娠や出産の治療は例外になることもあります。
補償の割合からプランを決めることもでき、プランによっては補償制度を充実させることができます。
ただしお得なプランだと保険料が少し高くなることもあるので、無理のない保険に加入するのが良いといえます。
犬の年齢や犬種によっても掛金に差が出てくるため、金額や補償範囲などの知識も申し込む前に把握しておく必要があります。