窓からのぞく

請求方法

犬を抱く

犬保険に加入しておくことで、万が一犬に怪我や病気が発生したときも費用を全額支払いすることがないです。
犬は人間のように声を発して自分自身の気持ちを相手に伝えることができません。
普段元気だとしても何らかの病気が進行して苦しい思いをしている可能性があります。
初期状態に気づいていれば、動物病院で治療をすることによりすぐに病気を改善することができます。
しかし既に病気が進行して命に関わる病気であれば、入院や手術、薬の投与が必要になります。
動物は一度の治療費だけでも高額なので、入院や手術といった治療が重なるとさらに費用が高額になってしまいます。
犬保険に加入していれば全額自己負担をすることなく、少ない出費で抑えることができます。

犬保険に加入することにより動物病院で全額自己負担をしても、請求書類を保険会社へ郵送することで保険金が振り込まれます。
またその他にも動物病院で診断書を発行しないと、保険会社へ請求書を郵送したとしても審査されない可能性があります。
犬保険によっても請求方法が異なっていますので、保険適用期間に動物病院へ行くときは請求方法を確認しておくとミスをせずに保険金を受け取ることができます。
請求方法には病院窓口で行うことができるものがあり、この方法では最初に全額負担金額を支払うのではなく、保険内容に応じた差額分を支払います。
その後動物病院側が保険会社に差額分を請求していきます。
請求方法には主に3つの方法があり、保険加入手続きの際に選択をすることができます。